2007年10月アーカイブ

パソコンを使い始めてから、
どのように変化していったかが、一目でわかるように なっています。

どのあたりでおかしくなってしまったか、
次に再インストールするときソフトのインストールも
スムーズに進むようになっていきます。

(補足)テキストファイルをクリックすると
Windowsではたいていメモ帳が起動します。
日付を入力するときは、ファンクションキー「F5」を使うと便利です。
時刻と日付を一度に入力してくれます。
[テクノストレス、パソコンストレス、パソコン症候群など、パソコンにまつわるさまざまなストレスの呼び方があります。 それらの原因は表面的に確認できるものだけであって、実際には使っている人も気づかないくらいの言葉にもならないちょっとしたストレスが一定期間積み重なってじわじわたまってくる。 そして仕事をより効率的に素早く、ストレスなく済ませるために使っていたはずなのに、なんだかかえって効率が悪くストレスが溜まり、疲れてしまうことがあります。そんなちょこっとしたストレスを挙げてみました。 

ハードウェア
  • 画面が狭い
  • 音がうるさい
  • ケーブルが多すぎる
  • コードの絡まり
    OS
    • 起動が遅い
    • フリーズする
    • スタンバイ復帰時すぐにインターネットにつながらない
    ソフトウェア
    • ツールバーに隠れた下の部分を編集したいのに
    • 画面の融通がきかない
    • 思い通りに動かない
    • ひらがなを打ちたいときに限って半角になっている。切り替えが面倒。
    • いきなりウィルスソフトの更新が始まって遅くなったり、再起動を促す
    • ソフトを使っているときに横槍を入れるように別のソフトが動き出す
    • 突然遅くなる
      身体
      • 上半身が疲れる
      環境
      • 置き場所に困る
      資源
      • 紙を何枚も使うなんてもったいない
      • 電気量はいくらか
      まだまだあるとは思いますが、なんとなく感じるストレスにもならないくらいの小さな違和感、不快感がたくさんでてくるはずです。

      一台のパソコンにソフトウェアをたくさんインストールして、年賀状、ワープロ、表計算、電子メール、ショッピング、インターネットなど、いろいろな目的で使っていると、トラブルや不具合が早めに出てきます。

      それぞれのソフトウェアは画面では独立しているようにみえますが、実際はかなり影響を及ぼしあっていて、あるソフトウェアの設定を変えると、別のソフトウェアの設定が変わってしまうことがよくあるからです。

      オペレーティングシステムの起動する速度を速めるための設定や、画面を自分の好きなように変更することも同じように、その変更が、ソフトウェアへ干渉することがあります。

      設定が変わったり、干渉して、ソフトウェアの動作がおかしくなったとき、その対策をとるために、設定を元に戻したり、あれこれやっているうちに、泥沼にズブズブとはまっていきます。結局、再インストールすることになり、時間がかかり、ファイルの移動に気をとられてしまいます。

      こんなときは、パソコンの台数を増やすことをおすすめしています。増やしたパソコンは、使用目的をきちんと決めて(ワープロだけに使う、グラフィックの編集だけに使うなど)、メモ帳などに履歴を入力してみてください。

      高速化やカスタマイズするよりもパソコンを増やしてみてください。驚くほどトラブルが減ったり、パソコンによるストレスが格段に減るはずです。

      Powered by Movable Type 5.03

      このアーカイブについて

      このページには、2007年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

      次のアーカイブは2007年11月です。

      最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。