2008年1月アーカイブ

Soda というソフトをインストールしておくと、
ファイルを開くの画面に、指定フォルダへジャンプする機能が加わります。

毎回、指定フォルダへ移動するのに、
何度も同じフォルダをクリックしなければならなかった方も、
このソフトを使うことで、一発で移動できるようになります。

今のところ、このソフトが動かない画面はみつからないので、
ほぼすべてのソフトに使えると思ってよいのではないでしょうか。
パソコンに慣れてくると、いろいろなストレス、疲れ、
不具合、問題が出てきませんか。

もっと速く作業がしたい、効率的にしたい、
便利なソフトウェアを入れてみたい。

私も一時期、高速化対策、快適化設定、そのためのソフ

トウェアなどメディアが紹介する記事を読んだりして、いろいろと試しました。

ところが、一時的に快適にはなるのですが、しばらくすると、
また問題が出てきて、最終的に再インストールを
何時間もかけておこなう羽目になってしまうことが、かなりありました。

それを何度か繰り返していくうちに、
パソコンに対する関わり方を変えれば、
いろいろなストレスや問題が解決できるの

ではないかと思い、少しずつ試しながら掲載することにしました。

上級者にとっては物足りないかもしれませんが、
どうぞご理解ください。
パソコン一式を一つの目的に絞って構築します。
コードの絡みがなく、配線もすっきりしていることが、
一つの目安になります。

通信用のパソコンは、ハードウェアを、パソコン、
モデム、電話、FAX、ケーブルで構成し、
ソフトウェアは、メールとインターネットだけ使うようにします。

グラフィック用のパソコンは、パソコン、タブレット、
ディスプレイ、プリンタ、スキャナで構成し、
ソフトウェアは、メインのグラフィックソフトと補助的なソフトを入れておきます。

パソコンに入っている編集対象となるファイルも、
常に一つにしておくと、料理のように集中できます。

対象外のファイルは、外付けハードディスクや、フロッピーデスクなどに
移して必要なときにデスクトップに移動させます。
Powered by Movable Type 5.03

このアーカイブについて

このページには、2008年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年12月です。

次のアーカイブは2009年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。