の最近のブログ記事

数年前に、口座を開設したままになっていた、
SBI証券で、積立の投資をしようとしましたが、
ログインのIDを忘れてしまい、使えません。

カスタマーセンターに電話をすると、
個人情報の確認をした後、
IDを教えていただけました。

こうして、ログインし、早速、
積立投資信託のページに移動します。

投資するのは、

先日、ヤフーオークションで数百円の商品を買いました。すでに新品では販売していない中古のものです。

商品名のタイトルに、「切手可」と記載されていたので、家にある切手を使って買ってみようと、落札しました。

棚の引き出しを開け、いっぱいにつまった紙類から、切手入れをとりだします。年賀状で当選した年賀切手がたくさん入っています。そこから代金分を切り離し、封筒に入れて出品者に郵送しました。

商品は無事に届き、家にたまっていた切手で買える便利さを感じました。

切手は、書き損字・使わないはがきや年賀状を郵便局で交換することもできるので、使わない手はありません。数百円台の中古品の入手にピッタリではないでしょうか。

押入の中や棚の中に、そんなはがきや切手が眠っていませんか。

通帳を発行せずに、ホームページで残高や口座の管理ができるインターネット銀行がたくさんあります。

画面は、目に負担のかからない色で癖のないデザインで
あり、実用的なものになっています。

ソニー銀行では、画面がいくつか用意されていて、そのうちの一つが、ポストペットです。かわいいキャラクターと、カラフルな口座管理の画面を使って、操作を楽しむことができます。

3月19日から始めていた貯金です。

気が向いたときに小銭をちょこちょこ箱に入れ、
100円は4枚、50円は6枚、10円は89枚、
5円は22枚、1円は143枚で、
合計1,843円が貯まります。

途中で貯金を忘れめこともありましたが、
約7ヶ月続きました。
小銭なので少額かもしれのせんが、
満足感を得られます。


ニー銀行には、ポストペットの画面で楽しく貯金ができる銀行のサービスがあります。

この画面で、目的別の貯金をすることができます。使い道や目標額をアイコンや数字を入力して決めて、硬貨の画像をドラッグし、入金額の範囲でお金を貯めることができます。

目標額に達すると祝福のメッセージが表示されます。イラストやアニメーションが凝っていて、貯金が楽しめるものとなっています。

昼食を食べようと、ベンチに腰掛けるときに、1円玉を見つけました。
貯金をしていると、なんだか身寄りのない1円玉1枚に思えてきて、一時的に預かりたくなってきました。
交番に届けるのも良いかな、もしかすると持ち主のポケットから漏れてしまったのかもしれないなど、いろいろ考えながら、お昼を食べ終わります。結局、そのままにしておきました。

小銭との縁を感じたひとときでた。

ぱるるという郵便局の通帳の明細が一杯なったので、
郵便局にいって、切り替えてもらいました。
そのときに、定額を積み立てるサービスを目にしました。

最低預け入れ金額が、
1,000円という特徴があり、
これを自動積立のようにして、
預けながら貯めることができます。

少額から始められる定期預金サービスを探しました。

利率もありますが少額ならば意味がないのではないかと思われるかもしれませんが、一覧を載せておきます。

※長期的に継続して預金すると決めてから利用するようにしています。

三菱UFJ銀行のじぶん銀行(1~)
三井住友銀行の積立りぼん(1,000~)
三井住友銀行の定期預金(1~)
ゆうちょ銀行の定額貯金、定期貯金(1,000~)
ソニー銀行の定期預金(5,000~)

女性の間で有名らしい、
シートを使った貯金に挑戦しています。
1から250までの数字がマスに収まっており、
貯めた額に印をつけていきます。
すべてに印をつけると、
3万円以上貯まります。
7月から続けていますが、
なかなかすべての枠に印が埋まらず、
疲れてきました。
もう少し小さな額にすれば、
短期間に、万単位で貯められるようです。
次は、数を少なくしてみようと思います。
お札は喫茶店、コンビニ、スーパー、銀行にいくときくらいしか、普段みないので、じっくり観察する機会がありません。
人物や自然、建物など、たくさん絵柄が並んでいますが、人物だけ、じっくり眺めてみました。
1万円札は、福沢諭吉(ふくざわ ゆきち)です。「学問のすゝめ」の著作者と慶応義塾を設立者です。
5千円札は、樋口一葉(ひぐち いちよう)。小説家で、「たけくらべ」の著作者です。
1千円札は、野口英世(のぐち ひでよ)。細菌学者。

Powered by Movable Type 5.03

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは運営です。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。