節分 豆まきの仕方

節分の日、2月3日は、大豆と恵方巻き、マスなどを用意して、家の災いを追い出すように、「鬼は外、福は内」といいながら、手づかみの豆を外にまきましょう。


大豆には、普通の大豆、砂糖がまぶしてある大豆、コーヒー味の大豆などありますが、節分の豆まきに使う豆は、節分の日のために包装された豆を使うとよいでしょう。

この豆を手づかみにして、玄関から外に向かって、「鬼は外、福は内」といいながら、豆をまきます。家の中の不幸や災いを追い出す気持ちで投げましょう。不穏な雰囲気もすっきりするかもしれません。

節分の豆まきの後は、道路や床に散らばった豆の後始末を、ほうきやちりとり、また掃除機を使ってきれいにしましょう。


豆をまくときに、木製のマスの中に大豆を入れると豆をつかみやすくなります。

鬼のお面をかぶった人に鬼役になってもらい、その方に投げることもあります。


さらに、この日は恵方巻きを、ある方角に向いて食べる習慣もあります。2011年の2月3日は、南南東やや右とされています。

このように、節分の日にはいろいろとやることがあり、大きな行事になることもありますが、個人、家族でできる範囲で楽しみましょう。





セット


恵方

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://infomemosite.com/mt-tb.cgi/114

コメントする

Powered by Movable Type 5.03

このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。