胃がん検診 胃鏡(胃カメラ)の苦痛を少なくする

たとえば、学生の飲み会や打ち上げで、

飲み過ぎてトイレにかけこみ、

もどしている時に背中をさすって

かいほうする場面を、テレビや漫画でよく目にしませんか。


この場面が、意外なときに役に立つことがあります。

それは、胃がん検診の内視鏡検査です。


検診時に苦しいことのひとつに

突然、襲ってくる吐き気があります。


背中をさする

ことは、

この吐き気に対してとても有効です。


鎮静剤や麻酔などを使うこともありますが、

医師や看護師によく聞いてみてください。


吐き気が起きた時に

すぐに

背中をさすってもらう

ことで


検査時の吐き気がとても楽になります。


検査の時の痛み・苦しさが一番少ない方法を

選択できるのが一番ですが

胃鏡で検査するときに何もしないのであれば

医師や看護師によく聞いてから

背中をさすってもらう

願いしてみてください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://infomemosite.com/mt-tb.cgi/140

コメントする

Powered by Movable Type 5.03

このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。